With the dog




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
1年 :: 2013/06/13(Thu)

チェリーが旅立って1年がたった

早かった・・・あっという間だった。。。



あの日のことは鮮明に覚えてて
あの姿はきっと忘れられない



だけど、チェリーの居ない生活にはいつの間にか慣れてて
だけど、あんが後を受け継ぐように1日おきの補液生活は続いてて
そして、気がつけば1年がたってて
何も変わってないような気もするし
すごく変わったような気もするし



いつものようにミニブーケを作ってもらった
fc2blog_20130613232522494.jpg


ひまわりを入れてほしかったんだけど
予約してなかったから・・・
昨日で全部売れてしまったらしい



今日はたまたまなのだけど、私がかかりつけ獣医へフィラリアの薬をもらいに行き
そして、先日のあんの心臓と腎臓の検査結果を訊きに


あんの検査結果はあまりいいものではなく
この先、もしかしたら起きるかもしれない状態を説明され
それはチェリーと同じ道


チェリーの状態になると、心臓が悪いので補液もできなくなる
と、チェリーの話にもなり。。。



獣医さんに、今日で1年なんです・・・と。。。
もぅ1年になりますか・・・と。。。



脳発作と言う状態をおこしたけれど
元々の原因はやはり心臓と膵臓からで
それが原因となり脳の発作とつながったらしい
いまだにこの辺がなぜそうなるのか?は訊けてない
というか、タイミングを逃してしまい、そのままになっている



知りたいような、知りたくないような。。。




なんとなくなのだけど、チェリーはとっとと成仏して幸せになってそうな気がする
虹の橋で待っている?だっけ?
その時、虹の橋まで来てはくれそうだけど、待ってはいなさそう(^_^;)
なんとなくそんな気がする。



みぃみと一緒にまたティクを枕にしてお昼寝して、
みぃみがワンワン言うと、うるさいよ!って追いかけっこしてるかな~って(笑



fc2blog_20130613232533a5c.jpg



そういえば、我が家の祭壇・・・
お供え物ってもんが何もないな(汗


大好きだったボーロをあげておこうっと(滝汗








スポンサーサイト
  1. チェリー
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
慰霊祭 :: 2012/10/30(Tue)

27日はつなの誕生日でもあったけど・・・
慰霊祭の日でもありました。
(つなシャンよか優先されたの^^;)


もぉ4か月もたったというか、
まだ4か月というか、
なんというか・・・
あんの姿にチェリーを重ねて見てるもんだから
だって、どんどん似てくるんだもの。。。
なので、まだなのか? もぉなのか?
よくわかりません。。。



気がつけば5匹も同じところに眠ってる
チロ、みゅう、みぃみ、ティク、チェリー、


毎年同じような感じで行われてるのだけど
今年からガラッと変わって、
先生の挨拶だとかいろいろあって
それよりなにより驚いたのが、
お坊さんが変わったというか、宗派?っていうのかな?
なんせ、ジャ~ン、ジャ~ン、ってでっかい音出したりして。。。



帰ってきてから、みんな同じことを思ってたらしく~
あんなデカい音、チェリーがびっくり飛び上がってたんじゃない?とか、
みぃみなんて、こういう音嫌いって言うか、ケンカ売ってるだろうし~とか^^;




そして、今日は・・・
ママさんがどっかの棚を整理したら、
ビックリするくらいのピンボケの写真がたくさん出てきた!
ま~誰がとったの?って突っ込みたくなるくらいオールピンボケ(>_<)


その写真には、
子猫だったティクや、みぃみとチェリーのツーショット
そっか、写真下手なのは一家全員か^^;


チロはティクと面識があり、仲良くはならなかったけど家族としての認識はしてたみたいだし
みゅうもティクと面識あり、だけど、1週間ちょっとで・・・触れ合ったのはほんのちょっと。。。
ティクとみぃみとチェリーは長く一緒に暮らした仲だし、ティクのお腹がベットだった。

fc2blog_20121030212320b81.jpg



みんな元気に走り回ってるかな~とか思う一日でした。



  1. チェリー
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
チェリーの子供・・・旅立ち :: 2012/07/26(Thu)

チェリーには、3匹の子供がいます。

その中の1匹があん
唯一の男の子

本当は4匹だったのだけど
最初に生まれた♂が、すぐに亡くなってしまいました。



3匹の中で一番大きかった女の子
離乳食も一番早く
歩き出すのも一番
丸々太って健康優良児って感じだった子


兄弟姉妹の中で、一番先に旅立ってしまった。
昨夜のことだったそうです。


夜中に、眠ったままだったようです。


近況だけはちょくちょく聞いていたのだけど
結局、会えることはありませんでした。


少し前からヨタヨタしてるとは聞いてました。


かなり懐かしい写真しかないけれど・・・
それに、デジカメもってなかったし
おまけに、アタシはスキャナー持ってないので
写真を撮影してみました。


ケータイだと綺麗にみえるのに・・・
パソコンだと見にくいみたいでごめんなさい。



生まれた次の日

改めて写真を見て気が付いたのだけど
この真ん中が♂であんだということになるのだけど・・・
たぶん、これ、間違ってる・・・アタシが。。。
まんなかが一番大きい子で、旅立った子です。
右端(下の子)があんです。
毛並で気が付いた。。。


fc2blog_201207262256165c0.jpg

上の写真、右の子、ちなみにあんは真ん中
下のお乳飲んでる写真、真ん中の子、ちなみにあんは左
まるで3匹の子豚)^o^(


アップの写真、友人に抱っこしてもらった



他にも写真があるはずなのだけど、なぜか?同じところにナイ!
スリッパに入っためっちゃかわいい写真があるはずなのだけど。。。


いつか、こっそりと、またここにアップしてるかもしれません。



生あるものの宿命
飼い主さんはそう言ってました。
そう、看取ることが幸せ。
残して逝くほうがよっぽど辛い。




幸せな子だった思います。
安らかに・・・







  1. チェリー
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
脳発作のこととか・・・ :: 2012/06/21(Thu)

早いな・・・1週間過ぎた。。。


梅雨だというのに、めっちゃ良い天気だった13日
次の日もいい天気だった


んで、今日!
みごとなまでの大雨でっす!
台風来なかっただけ風邪がそうでもないだけマシ




チェリーの痙攣の原因はわからずじまいだったけど・・・


水頭症か?
もしかしたら腫瘍があるか?


などなど・・・
どれもMRIが必要で
この状態でMRIなんてとんでもないことで
ママさんものすごい勢いで却下してました。。。


もちろん、獣医さんも撮りましょうなんて言った訳ではなく
原因がわかる方法はMRIしかないと言いたかっただけ


アタシも、もちろん撮る気もなく
なんでもかんでも撮ればいいってもんでもなく。。。



んでも、何だったんだろう?
てのは、ずっと気になるのかもしれないな・・・



少したってからチェリーのコトをよく知ってくれてる友人にメールした


二人とも、愛犬を亡くしてる
その2匹ともが脳発作
一緒だね・・・って。。。
意外と多いね、脳発作。。。



痙攣をおこす前日の夜
いつものようにお鍋いっぱいに作ったチェリーのご飯


みんなでわけわけしていただきました。


fc2blog_20120621160823601.jpg
これは2組さんのぶん


おいそうには見えませんが^_^;


なんせ、すりおろしたり、みじん切りだったり
まだ小豆が入ってないだけ見た目はマシ
小豆入れたら黒い?灰色ご飯だった~
いや~見た目はまずそうだったけど
なんとなく甘くて結構おしかったよ!(味見した~アタシ^m^)
チェリーは小豆ご飯が大好きでした♪



んで、2組が食べる姿を眺めてた
とぅおの食べ方チェリーと一緒!


アチコチ飛ばして
顔にもグッチャグチャにくっつけて
プププ(^v^)
おもわず笑いながら見てました。


その後も、顎下についたご飯がどこにあるかわからず探すとぅお
そのご飯が食べたいけど、
とぅおの口元をペロンする勇気のないさいつながウロウロ(笑


1組と居る時は、あぁ、チェリーが居ないんだなって思うけど
2組との時間は今までと何にも変わらない
それがちょっと不思議な感じ


そえいば・・・
ココん所の2組さんご機嫌麗しくお元気でございます!









  1. チェリー
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
15歳2ケ月16日 :: 2012/06/19(Tue)

5月13日(水)6時50分

親父さんの大声でダッシュでチェリーの元へ


痙攣をおこし、口から泡を吹いていた


ママさんはどうしていいかわからず抱っこしたままオロオロ
私は、聞いた・・・
どうする?獣医さんへ行く?


と言っても朝早すぎる
最初心臓発作?かと思ったけど
心臓発作の感じではないし
痙攣が治まればと願ったけど治まらず
心臓が止まることもなく、
ただただ苦しそうなチェリー


一か八かで獣医さんへ電話
転送されてたらしく繋がった
すぐに連れて来てくださいと・・・


でも、この日の午前中は若先生しかいない
それでも、痙攣がとまらない以上どうしようもない


獣医さんと話してる途中で
おしっことウンチとが出てしまった
これは・・・と、、、


それでも、とりあえず私は獣医さんへ走ったが
付き添っとくわけにもいかず
なんせ、2組を放置してきてる


とりあえず、いったん預けて帰宅
8時半ごろ、獣医さんへ行こうとしたら獣医さん(院長)から電話


どうやら、院長の指示のもと、若先生が処置してるらしい
院長も急遽むかってくださってる様子


痙攣止めを打ったがおさまらず
点滴を止めると痙攣をおこす
なので、これから2~3時間点滴を打ちます。
大概の場合ソレで治まるとのこと。
ただ、心臓が悪いので、一気に流すことが出来ない


とにかく、一度様子を見に行った
が・・・
ソコに居たチェリーはたくさんの管に繋がれてた
舌にも何か挟まれ、点滴につながれ、内股にも何か挟まれ
意識もなく、ピクピクまだ小さな痙攣が続いてる


若先生の説明は・・・
一応院長から聞いてたことばかりだけど・・・
血液検査の結果、どこも異常なし(異常はあるが、チェリーでは異常値に入らない)
痙攣をおこすほどの数値ではない


と、たったこれだけの説明が非常にイライラするまどろっこしさ
要するに、脳発作、神経からの発作ってことですか?と。。。
それもわからないが、考えられるのはそうだということ


ママさんが右側を下にして寝てるチェリーを見て、
いつも左が下だから向きを変えたいという
が、動かすと発作が激しくなるらしく動かせない


酸素を吸わそうとしたらまた発作がひどくなる
ずっと、誰かが片手に電話を持ってる状態
院長と話しながらの状態


酸素・・・数字で表すと95程なくてはならないが
そのとき65


そして、ママさんが声をかけたりしてたらまた発作
あわてて院長の指示のもと、点滴のスピード?量?何だかわからないけど
ピッピピッピ・・・痙攣治まる。。。



この点滴の中には、軽く麻酔をかける状態になる薬だととっさに思った
脳の発作だから、てんかん発作を抑えるのと同じなわけで・・・
だから、私の方から質問


その点滴、ようするに麻酔じゃないんですか?
ナルコがあるのに大丈夫ですか?


これしか方法がないんです。。。



声をかけることもできず、一旦帰宅



15時頃、ママさんとまた面会へ


院長からの説明
上のような麻酔の説明や、血液検査のこと


そして、肺水腫をおこす危険性
でも、今の所、とてもよくおしっこが出てるから
大丈夫そうだとのこと


その子によっては3日程この状態が続く場合もある
が、それを超せば普段通りの生活に戻れるらしい


でも、どうなんだろう?と、おもいつつも・・・
なんだかんだいっても、痙攣中は苦しいらしい
だから、痙攣を止めてあげるしかない。


でも、チェリーの場合、点滴を止めるとまた痙攣をおこすので
いまは、こうしてずっと点滴しておくしかないとのコト



とりあえずの説明からは・・・
なんだか持ち直せそうな感じだった



酸素も75まで上がってた



けど、ネガティブなママさんは・・・
もぅダメだとばかりおもってる
ねぇ、どう思う?大丈夫だとおもう?
生き返る???


私は、なんとなく、無理かもしれないと思いつつも・・・
基本、いい方向にしか考えられない人
なんやかんやで、今までだってそうだったように、
明日くらいには帰ってきそうだよね~


と、完全にスイッチがオフになってしまって
お風呂なんぞ入って、上がってきた所に電話


今、息を引き取りました・・・


21時10分に電話があった




それから迎えにいったものの・・・
ネガティブママさんは、準備してたかのようなお礼を述べ、
アタシは・・・なぁんにも言えず、ただ運転手して、ペコっと頭だけ下げて
何の話も聞けず。。。




時間が時間だったため、お花すらなく、お花なんかうちにはないしと
ろうそくだけ。
あちこち拭いてあげようと思ったら、看護師さんが綺麗にしてくれてることに気がついた



なぁんにもすることがなく・・・


fc2blog_20120618224053cd1.jpg
とにかく目を閉じさせたくてもどうしても開いてしまう




次の日の朝になって、ベランダ見たら・・・
花咲いてるじゃん!
しょぼいけど・・・ブリエッタ。。。
ちょこちょこ小さなブーケにして


fc2blog_20120619153441c32.jpg



アタシは仕事しなきゃだったしで後のコトはママさん達にお任せして
といっても、不思議と、13日、14日とヒマヒマだったの
なぜだか、この2日間で仕事は1件だけ
それも14日の午前中だけ
その14日の朝が動けなかったからお花も買いに行けなかったけど
ママさんたちは、ベランダのお花をとっても気にいってた
なんとなく、わかるけど~



昼ごろ、豪華なお花が届いた
獣医さん達から・・・


fc2blog_201206191535085c4.jpg




アタシからは小さなブーケを
かわいらしぃく~ってお願いしたのに
なぜか?大人っぽくなっちゃった~って^_^;
でも、この色合いはママさんが好きな感じ
うまく出来てるな。。。


fc2blog_2012061915353548c.jpg




獣医さんへ菓子折りもって、お花のお礼を言いに
忙しそう?とさっさと帰ろうと思ったら追いかけてこられた


やっと院長から色々と聞けた


直接の原因は点滴からの肺水腫
うまくコントロール出来てたのが急に溜まりだし
それでも、おしっこの量も増え、
少しでも減るとラシックス(利尿剤)追加して
それなりにコントロール出来てて、
正直、いけそうだ!と、思われてたらしい
が、急変し、そのままスーッと眠るようにだったらしい



痙攣中はやっぱり苦しいと思うとおっしゃってた
肺水腫も前回の苦しそうな様子が頭をよぎったのだけど
実際は軽く麻酔で眠ってる状態だったため
苦しむこともなく、眠ったまま逝けただろうとのことでした。



麻酔のセミナーを思いだしたりもしながらも・・・
うん、苦しくなかったら良かったとおもったりも。。。




ただ、やっぱり・・・
家で・・・
もぅ言えじゃなくてもいいから
ママさんの腕の中で逝かせてやりたかったです。




アタシは立ち会えなくてもいいから
ママさんのそばでってどうしても思ってしまいます。




それからも、あんの補液もあるしで獣医さん通いは続いてて
みんな、ママさんと、あんの心配をしてくれてますが、
二人とも至って元気で~



んが、あんは、15(金)に目をショボショボ。。。
チェリーの目薬が活躍中です。
あんは、チェリーと一緒に補液に通い、
たまにチェリーが入院し、
上手に親離れというか、
チェリーが居なくても大丈夫な練習が出来てた様子です。
ちゃんとお別れもしてました。


fc2blog_20120619153642216.jpg
どうしてチェリーとのお別れの写真撮ってないんだろう・・・アタシorz



んで、ママさんは・・・
今ごろ体調を崩し、今朝から熱がorz
ま、風邪みたいなんですけどね。。。



お疲れが出る頃なのでしょうね。




アタシは普通に仕事してます。



ただ、みんな、やることがなくなっちゃって(苦笑
時間を持て余してるわりには
これといって、何もしてないって感じです。



アタシといえば、
目薬タイムがなくなったのはほんのちょっとだけで
今はあんの目薬にエナカルドに~



でも、あっという間に終わっちゃうんだな。。。



どうにも、まだ慣れません。。。



fc2blog_20120619153706acf.jpg
みぃみが迎えに来てくれたとおもうので一緒の写真も・・・



ヒマワリがチェリーみたいって感じ
fc2blog_20120619153733789.jpg
んでも、これ、なんとかレモンっいうヒマワリ?らしいです。。。


今日は、またブーケを作ってもらってこちらは私の部屋に
fc2blog_2012061915375684f.jpg


先代の子達が4匹もいるのでチェリーはさみしくないでしょう~
といっても、チェリーが知ってるのは
ヨーキのみぃみと、猫のティクだけだけど。。。




かなり長くなってしまいましたが(汗
見守ってくださってた方々、ありがとうございました。




  1. チェリー
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。