With the dog




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
腎臓と心臓と・・・ :: 2012/04/27(Fri)

昨日からあんの元気がなくて・・・
いつもの凹んじゃったバージョンかと思ってたのだけど
何かが違う。。。


何かおかしい
目が違う


フード食べない
隅っこで泣きそうな顔して丸まってる
寝ることもできない様子


昨日も誰やかれやと交代で抱っこ
でもね、目がね・・・なんつうか。。。


今日はチェリーの補液の日だったから一緒に連れて行き
あんを預けて検査をしてもらいました。


チェリーのお迎えの時
あんの血液検査の結果・・・
腎臓の数値BUN87.5
正常値9.2~29.2らしい

腎臓に何かが見えるとのことで・・・


そのままお預かりで検査をしてもらうコトに


夕方結果を聞いてきました。


BUNは高いが
CREは1.0なので、数字だけ見れば腎臓はまだ大丈夫な範囲となるらしい

が・・・


エコーの結果、のう胞有り
しかも、両方の腎臓に・・・
左腎には少し大きめのがあり、その周りは機能してない
右腎には小さいのが二つ


何かが見えるとだけ聞いてたので(親父さんが聞いてきた)
正直、のう胞か~よかった・・・と、
腫瘍じゃなくてよかった!と、思ったのだけど
左右ともとなると・・・全然よくない!



それとですね・・・って(汗
え~~~~~~~~~他にも?



心臓が・・・って。。。


チェリーの息子だし、増帽弁かな?って思ってたら・・・
それもだけどって。。。


肥大型心筋症というものらしいです。
この病気はネコに多いらしくて
イヌではあまりいないって・・・orz
またそんなんに当たってしまった。。。



左心室の壁というか、筋肉の幅が6.3ミリ
心室中隔とか言うあたり、左心室と右心室の間が7ミリ
通常、あんのサイズだと、3ミリほどだそうだ



なので、左心室のスペースが狭くなり
結果的に、心臓が一生懸命動かなきゃならなくなる



そして、スペースが狭くなったから
僧帽弁が引っ張られてなのか、
そこの部分もはれてて結果的に僧帽弁閉鎖不全


血液の逆流もしっかりみられてた




BUNの数値から嘔吐があってもおかしくないらしく
家ではなかったけど、お預かりの間に嘔吐したらしい



とりあえずは、BUNの数値を下げる為に
ゆっくりと点滴を落とすので1泊入院
明日の夕方まで・・・




あんは今まで病気知らずだった子
14歳・・・何かかしら出てくる頃だとおもい
昨年の誕生日の後くらいだったかな?
健康診断を受けていたが


なので、その時のデータも残ってて
その時にはどこも異常がなかったらしい
確かに血検が異常なしだったのはしっかり覚えてるのだけど
エコーとかも異常なしだった。。。




まさか、こんなにいっぺんに色々と出てくるとは思いもしなかった



あんは、とっても繊細だから
体調が悪いとこの世の終わりのような顔して凹む
例えば、ちょっとお腹がゆるくても凹む


チェリーのように天真爛漫だとよいのだけど・・・




これからは、あんもお薬生活です。
もしかしたら、チェリーと仲良く補液に通うことになるかもとも言われた



ちなみにお薬は・・・
どんだけたくさん飲ませるんだろうか・・・と、思ったら!
エナカルドだけで済みそうです。


というのも、このエナカルド・・・
腎臓の薬としても使われるらしく
運がいいのか?
一粒で2度おいしい!



いつもの凹みだと思いこまなくてよかった
検査してよかった



このまま何事もなく過ごしてくれるかと思ってたのだけど
そうはいかなかったね。。。


ま、病気と上手に付き合っていけたらと思います。



しっかし・・・
また、「珍しい」とかいうのに当たるなんてね。。。
こんなばっかやんorz









スポンサーサイト
  1. あん
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<退院 | top | マテ貝の続きと・・・>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://caniche5.blog33.fc2.com/tb.php/162-ebe08c84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。