With the dog




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
15歳2ケ月16日 :: 2012/06/19(Tue)

5月13日(水)6時50分

親父さんの大声でダッシュでチェリーの元へ


痙攣をおこし、口から泡を吹いていた


ママさんはどうしていいかわからず抱っこしたままオロオロ
私は、聞いた・・・
どうする?獣医さんへ行く?


と言っても朝早すぎる
最初心臓発作?かと思ったけど
心臓発作の感じではないし
痙攣が治まればと願ったけど治まらず
心臓が止まることもなく、
ただただ苦しそうなチェリー


一か八かで獣医さんへ電話
転送されてたらしく繋がった
すぐに連れて来てくださいと・・・


でも、この日の午前中は若先生しかいない
それでも、痙攣がとまらない以上どうしようもない


獣医さんと話してる途中で
おしっことウンチとが出てしまった
これは・・・と、、、


それでも、とりあえず私は獣医さんへ走ったが
付き添っとくわけにもいかず
なんせ、2組を放置してきてる


とりあえず、いったん預けて帰宅
8時半ごろ、獣医さんへ行こうとしたら獣医さん(院長)から電話


どうやら、院長の指示のもと、若先生が処置してるらしい
院長も急遽むかってくださってる様子


痙攣止めを打ったがおさまらず
点滴を止めると痙攣をおこす
なので、これから2~3時間点滴を打ちます。
大概の場合ソレで治まるとのこと。
ただ、心臓が悪いので、一気に流すことが出来ない


とにかく、一度様子を見に行った
が・・・
ソコに居たチェリーはたくさんの管に繋がれてた
舌にも何か挟まれ、点滴につながれ、内股にも何か挟まれ
意識もなく、ピクピクまだ小さな痙攣が続いてる


若先生の説明は・・・
一応院長から聞いてたことばかりだけど・・・
血液検査の結果、どこも異常なし(異常はあるが、チェリーでは異常値に入らない)
痙攣をおこすほどの数値ではない


と、たったこれだけの説明が非常にイライラするまどろっこしさ
要するに、脳発作、神経からの発作ってことですか?と。。。
それもわからないが、考えられるのはそうだということ


ママさんが右側を下にして寝てるチェリーを見て、
いつも左が下だから向きを変えたいという
が、動かすと発作が激しくなるらしく動かせない


酸素を吸わそうとしたらまた発作がひどくなる
ずっと、誰かが片手に電話を持ってる状態
院長と話しながらの状態


酸素・・・数字で表すと95程なくてはならないが
そのとき65


そして、ママさんが声をかけたりしてたらまた発作
あわてて院長の指示のもと、点滴のスピード?量?何だかわからないけど
ピッピピッピ・・・痙攣治まる。。。



この点滴の中には、軽く麻酔をかける状態になる薬だととっさに思った
脳の発作だから、てんかん発作を抑えるのと同じなわけで・・・
だから、私の方から質問


その点滴、ようするに麻酔じゃないんですか?
ナルコがあるのに大丈夫ですか?


これしか方法がないんです。。。



声をかけることもできず、一旦帰宅



15時頃、ママさんとまた面会へ


院長からの説明
上のような麻酔の説明や、血液検査のこと


そして、肺水腫をおこす危険性
でも、今の所、とてもよくおしっこが出てるから
大丈夫そうだとのこと


その子によっては3日程この状態が続く場合もある
が、それを超せば普段通りの生活に戻れるらしい


でも、どうなんだろう?と、おもいつつも・・・
なんだかんだいっても、痙攣中は苦しいらしい
だから、痙攣を止めてあげるしかない。


でも、チェリーの場合、点滴を止めるとまた痙攣をおこすので
いまは、こうしてずっと点滴しておくしかないとのコト



とりあえずの説明からは・・・
なんだか持ち直せそうな感じだった



酸素も75まで上がってた



けど、ネガティブなママさんは・・・
もぅダメだとばかりおもってる
ねぇ、どう思う?大丈夫だとおもう?
生き返る???


私は、なんとなく、無理かもしれないと思いつつも・・・
基本、いい方向にしか考えられない人
なんやかんやで、今までだってそうだったように、
明日くらいには帰ってきそうだよね~


と、完全にスイッチがオフになってしまって
お風呂なんぞ入って、上がってきた所に電話


今、息を引き取りました・・・


21時10分に電話があった




それから迎えにいったものの・・・
ネガティブママさんは、準備してたかのようなお礼を述べ、
アタシは・・・なぁんにも言えず、ただ運転手して、ペコっと頭だけ下げて
何の話も聞けず。。。




時間が時間だったため、お花すらなく、お花なんかうちにはないしと
ろうそくだけ。
あちこち拭いてあげようと思ったら、看護師さんが綺麗にしてくれてることに気がついた



なぁんにもすることがなく・・・


fc2blog_20120618224053cd1.jpg
とにかく目を閉じさせたくてもどうしても開いてしまう




次の日の朝になって、ベランダ見たら・・・
花咲いてるじゃん!
しょぼいけど・・・ブリエッタ。。。
ちょこちょこ小さなブーケにして


fc2blog_20120619153441c32.jpg



アタシは仕事しなきゃだったしで後のコトはママさん達にお任せして
といっても、不思議と、13日、14日とヒマヒマだったの
なぜだか、この2日間で仕事は1件だけ
それも14日の午前中だけ
その14日の朝が動けなかったからお花も買いに行けなかったけど
ママさんたちは、ベランダのお花をとっても気にいってた
なんとなく、わかるけど~



昼ごろ、豪華なお花が届いた
獣医さん達から・・・


fc2blog_201206191535085c4.jpg




アタシからは小さなブーケを
かわいらしぃく~ってお願いしたのに
なぜか?大人っぽくなっちゃった~って^_^;
でも、この色合いはママさんが好きな感じ
うまく出来てるな。。。


fc2blog_2012061915353548c.jpg




獣医さんへ菓子折りもって、お花のお礼を言いに
忙しそう?とさっさと帰ろうと思ったら追いかけてこられた


やっと院長から色々と聞けた


直接の原因は点滴からの肺水腫
うまくコントロール出来てたのが急に溜まりだし
それでも、おしっこの量も増え、
少しでも減るとラシックス(利尿剤)追加して
それなりにコントロール出来てて、
正直、いけそうだ!と、思われてたらしい
が、急変し、そのままスーッと眠るようにだったらしい



痙攣中はやっぱり苦しいと思うとおっしゃってた
肺水腫も前回の苦しそうな様子が頭をよぎったのだけど
実際は軽く麻酔で眠ってる状態だったため
苦しむこともなく、眠ったまま逝けただろうとのことでした。



麻酔のセミナーを思いだしたりもしながらも・・・
うん、苦しくなかったら良かったとおもったりも。。。




ただ、やっぱり・・・
家で・・・
もぅ言えじゃなくてもいいから
ママさんの腕の中で逝かせてやりたかったです。




アタシは立ち会えなくてもいいから
ママさんのそばでってどうしても思ってしまいます。




それからも、あんの補液もあるしで獣医さん通いは続いてて
みんな、ママさんと、あんの心配をしてくれてますが、
二人とも至って元気で~



んが、あんは、15(金)に目をショボショボ。。。
チェリーの目薬が活躍中です。
あんは、チェリーと一緒に補液に通い、
たまにチェリーが入院し、
上手に親離れというか、
チェリーが居なくても大丈夫な練習が出来てた様子です。
ちゃんとお別れもしてました。


fc2blog_20120619153642216.jpg
どうしてチェリーとのお別れの写真撮ってないんだろう・・・アタシorz



んで、ママさんは・・・
今ごろ体調を崩し、今朝から熱がorz
ま、風邪みたいなんですけどね。。。



お疲れが出る頃なのでしょうね。




アタシは普通に仕事してます。



ただ、みんな、やることがなくなっちゃって(苦笑
時間を持て余してるわりには
これといって、何もしてないって感じです。



アタシといえば、
目薬タイムがなくなったのはほんのちょっとだけで
今はあんの目薬にエナカルドに~



でも、あっという間に終わっちゃうんだな。。。



どうにも、まだ慣れません。。。



fc2blog_20120619153706acf.jpg
みぃみが迎えに来てくれたとおもうので一緒の写真も・・・



ヒマワリがチェリーみたいって感じ
fc2blog_20120619153733789.jpg
んでも、これ、なんとかレモンっいうヒマワリ?らしいです。。。


今日は、またブーケを作ってもらってこちらは私の部屋に
fc2blog_2012061915375684f.jpg


先代の子達が4匹もいるのでチェリーはさみしくないでしょう~
といっても、チェリーが知ってるのは
ヨーキのみぃみと、猫のティクだけだけど。。。




かなり長くなってしまいましたが(汗
見守ってくださってた方々、ありがとうございました。




スポンサーサイト
  1. チェリー
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<脳発作のこととか・・・ | top | 5557日>>


comment

ブログのアップの間隔があくと、不安だったよ。。。

チェリーちゃん。
次の世界にいっちゃったんだね。

読んでて、少しグレースと重なってしまった。
脳発作、先生の話とか・・・グレースも時間が経てば落ち着くと思って・・・

お母さん、体調くずしちゃったのね。

kacoさんも、お仕事しながら、
他の子達と暮らしながら、
少しずつ慣れて・・・元気になってね。

なんか文章ブツ切れ・・うまい言葉が見つからなくて、ごめん。

ブログにちょこっと書かせてもらいました。

チェリーちゃん 安らかに。
  1. 2012/06/19(Tue) 21:25:24 |
  2. URL |
  3. グレ母 #0QjNWJMw
  4. [ 編集 ]

グレ母さん

チェリー最期の最期までがんばってました。

書かなきゃな・・・と、思いながらもどう書いていいのか。。。

前日まではほんとに元気で
ただ、1時間~2時間おきのご飯タイムはずっと続いてたので
ママさんの睡眠確保のために家事を分担してたりで
なかなか元気な様子を伝えられないままにその日が来てしまいました。

ママさん、どうやら気が抜けたらしくてドッと疲れがでたようです。
なんせ、ママさんもビックリするくらい元気に介護してたから
やっぱり気が張ってたんでしょうね。

脳発作だろうと言われた時
グレ母さんのブログを参考にさせてもらいました。
ありがとうございます。
チェリーもフワッと逝けたんじゃないかと思います。

ブログにも書いていただけてうれしいです。
ありがとうございます。

今ごろは新しい場所でおやつを探してることでしょう(笑
なんせ、おやつ大好き!食べるの大好きで、
チェリぶぅって言われるくらいのぶぅちゃんでしたから~

覚悟してたとはいえ、なかなか慣れませんね(苦笑
みんな、なんとなく時間を持て余してるけど・・・
それも時間が解決してくれると思います。

ありがとうございました。

  1. 2012/06/20(Wed) 13:36:24 |
  2. URL |
  3. kaco #-
  4. [ 編集 ]

お疲れ様。

この言葉、勘違いしないでね。
看病のお疲れを労う言葉じゃないからね。

子供のいない私はさ、
犬猫たちは神様からの授かりものだと思っているの。
授かりものっていうか、、
神様から、今、お借りしてるって感じかな。
で、借りてるだけだから、
いつかはまた神様のもとへ返さないといけないわけでさ。。

命預かるって、当たり前のことだけど、重いよね。。
自分の犬だけど、自分の命じゃないんだもん。。

ここ最近は、いろんな葛藤があったと思います。。
このブログに書ききれないことだっていっぱいあると思う。。
15年と2ケ月と16日分の思いがきっといっぱいあるでしょう。。

だから、、15年と2ヶ月と16日間、お疲れ様。

チェリーちゃんのご冥福をお祈りいたします。 合掌。
  1. 2012/06/20(Wed) 21:16:27 |
  2. URL |
  3. kyo-ko #hAx6ZPS2
  4. [ 編集 ]

kyo-coさん

うん、大丈夫、勘違いしないよ(笑

そうだね~葛藤あったね・・・

> 自分の犬だけど、自分の命じゃないんだもん。。

うちの場合っていうか、チェリー達の場合
うちの犬だけど、自分の犬じゃないってのがすごく難しい部分だった。
特にかもしれないけど、コッチはまだまだ古い考え方が多くて
それは悪いことばかりではないのだと思うのだけど
アタシの知ってる世界とのギャップというか・・・
うん、書ききれないね(苦笑

神様のもとへお返しするのはチェリーにとってはきっと幸せなこと・・・
残されたものにしかわからない気持ちがあるのと同じように
逝ったものにしかわからない気持ちだけど
アタシ達だっていつかはそこへいくしね~
その時まで、楽しみにしとこ(笑
アタシ的には暑くも寒くもないけど
海にも入れて、雪もある所だとうれしいwww
それだけでいいわ(笑


コメントありがとうね。
なかなかブログにも遊びにいけずごめんよ~
これからは少し時間もできたのでお邪魔させてもらうね。
もちょっと待っててね(汗




  1. 2012/06/21(Thu) 14:24:03 |
  2. URL |
  3. kaco #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://caniche5.blog33.fc2.com/tb.php/196-d8ec7f35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。