With the dog




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
ヘルニア疑惑 :: 2012/08/18(Sat)

さ~~~今日も長いよ(笑


あんですが・・・
15日の17時からいきなり凹みました。。。
らららのお散歩に一緒に行くんだ!とはじけてたのに
いざ、行くよ!って言ったら凹んでたらしいです。。。







いままでの様子と同じ
で、フードも食べないし、
疑うのはリパーゼの数値、膵臓の状態


んでも、なぁんかひっかかり・・・
ジトーッと観察


いろんな記憶を呼び起こし
ひたすらジトーッと観察


23時過ぎママさんから携帯が鳴る
あんが落ち着かなくてどうしよう・・・
行ってみればお風呂にも入れないママさん

2Fへ行こうとするらしい

アタシが様子をみとくからお風呂入っておいで!



さて、そこからアレやこれやと試してみる
2Fに連れてったけどダメ
抱っこもダメ


リビングに戻り、試しに寝転がってみた
すると、すり寄ってきてアタシのお腹を支えにしてお座りの体制
ジッとアタシの顔を見てるが、
あんの顔は疲れ切ってて、眠たいけど眠れない
横になりたいけどなれない


ジトーッと観察してて気が付いたこと
首をすくめて歩いてる
時々フラッと足元がふらつく
だからといって、へたり込むようなこともない
運Pしない
お水飲む、おちっこする
動きがやけにゆっくり
肩のあたりを触ると気にする



んで、記憶をたどったのは
ママさんが抱っこしようとしたら泣き叫んだこと
そして、その前にも同じような経験をしたアタシ
凹んでるからドライブに連れてって
どっかのPで止まって助手席のあんを抱っこしようとした瞬間に
ものすごい泣き叫び、のけぞった、後ろにひっくりかえる勢いで
まるで・・・とぅおがぶっ倒れた時のような感じ


その前からも、抱き方をちょっと間違えるといきなりキャンッと叫ぶこともあった
なので、みんな抱き方を心得てるので
泣かせるような抱き方はせず
自分から膝に前肢をかけたらお尻を支える
この方法が身についてしまってたのだ



ママさんがお風呂から上がってきたころ
やっと、アタシにもたれかかって横になれたところだった
今晩はここで添い寝したほうがいいと思い
ママさんが寝る準備ができるまでそばにいて
ダッシュでマットを敷いてママさんと交代
3時まではスヤスヤ寝てくれたけど
それからはまたウロウロしてたらしい



翌朝16日補液の日、アタシが獣医さんへ連れてった
獣医さんへ着いた途端大量の目やに(汗

ママさんたちには黙ってたけど・・・
一通りの気になることを獣医さんへ
獣医さん・・・
首、頸の可能性あるかもですね。
アタシ・・・
やっぱりそうですかね?


一応、、血検などもお願いし
獣医さんも、気を付けてみておきますとのこと



と・・・言うのも、、、
たぶん、検査の時などは一番手の回りやすい高さのお部屋になる
その高さから普通に抱くときの体制は、、
あんが泣いてしまう可能性高い
だけど、普段から獣医さんたちも心得てて前肢かけてきたらお尻を支えてくれてる
だから、あえて普通に抱いてもらってみようかと。。。
お腹の下に手をまわして抱く方法


やっぱり、血液検査異常なし
bunの数値は60台だけど
あんにとっては普通の数値となってしまったし
リパーゼも正常
その他の数値も正常値
どこかを痛がるような数値が出ない
目に傷もなし
眼圧も正常
目やにはストレスからか?



そして、お部屋から出すときに泣いたそうだ


獣医さんからの説明は
脊髄造影検査をしたほうがいいだろう
最近、とにかく椎間板ヘルニアの子が多い
あんの場合年齢から考えても2型だろうし
まだ初期の段階
今のうちに検査をして、レーザー治療を勧める



脊髄造影検査の説明
もしも、腫瘍があったり、たとえば脳に腫瘍があったりした場合
検査の途中でいきなり具合が悪くなることもある
絶対安全とは言えないが、ほとんどの場合大丈夫

MRIやCTはどうなのか?と質問
MRIは腫瘍などは見つけやすいが、ヘルニアは見つけにくい
同じくCTでも映らない


うーん・・・
これまたどっかで聞いたような説明で。。。
わかっちゃいるけど訊いてしまうのよ。。。



確か、とぅおの時は・・・
造影検査は危険だといわれ、
というか、とぅおの場合、どこがどうだかがわからなさすぎたのもあり
危なすぎるってことで造影検査はしなかったのだけど
ヘルニアを診断するには造影検査が一番だそうな。。。



んで、薬、注射ではだめなのか?との質問
注射はその場しのぎなので根本的な治療にはならないといわれる



あの・・・その注射じゃなくて、、、
あまり突っ込んで薬名をいうのもどうかと思ったのだ
ただ、実際にヘルニアの子が多いのは事実
なので、最近ではみんな注射で治してるって友達が言ってたんですぅ。。。
と、我が立場を利用するアタシ(苦笑
すると、獣医さん驚いて・・・
自分たちの出席する学会ではそんな話は聞かないと。。。




やっぱまだまだマイナーな方法なのかしら?
だって、アタシだって・・・
注射をどこにどう打つのか?って知らないし
ママさんは
それは動物実験だわ!なんて言い出すしorz



とりあえず、現在疑うべき場所は
頸椎ヘルニア
造影検査で難しいのも頸椎だそうな。。



と、さんざん説明を聞いてきたのに
あんの昔の体系、らくだちゃんが頭から離れないママさんは
腰を触っても痛がらない!と、言い張ってる
歩いてるって言い張ってる


だ~か~ら~
歩いてるってのはまだ軽症だから
ヘルニアにもいろいろあって1型なんかだったらそりゃ大変
それに・・・
ヘルニア部分から壊死していくのだってあるのだよ!
と、説明しても、どうにも理解できないらしい



てか、軽症とかなんとかよりも
本当にヘルニアなのかもまだわからないこと
ただ、疑いとしては高いということ


いいんだか悪いんだか・・・
ちょっと異常に気が付くのが早かったのと
とぅおのおかげというかなんというか・・・
その辺はとっても気になるアタシ


実はだいぶまえから気にはしていた
のだが・・・
そうそうあることでもないと、
それに、なんでもかんでも結びつけるのもよくないと
だから、ママさんたちには黙ってたし
獣医さんへも伝えてなかったのよね



それが、ここ数回
同じように凹んでも血液検査での異常が出ない
毎回泣き叫ぶような痛みを訴えるわけでもない


獣医さんへも泣き叫んだことは伝えてあったが
歩き方のことや首をすくめてることとか・・・
あまり詳しくは伝えてなかった
正確に言うと、伝えてはいたのだが、さらっと伝えてた
結果、お腹がいたからかな?ってことになる

それを、少し詳しく伝えた結果、
獣医さんが注意して診てくれたら頸椎ヘルニアの疑いってなっただけ
ほんと、今の状態では疑いだけで・・・
これといって確定っぽい状態ではないのだけど



ちなみに、ママさんはフラフラ歩くことには気が付いてた
それを獣医さんへは伝えてたが
体調が悪いといつもそうだと言ってしまえば
そうなんだ、お腹痛いからかな?となっちゃうのよね



てかさ、アタシが余計な心配しすぎ?
やっぱ余計なところに結び付けすぎ?



てか・・・
いまだに造影検査をするかどうかの話がすすみません



検査をして、ヘルニアがあれば治療となる
3か所10万コース。。。
もちろん、検査代も万ですがな。。。



ママさんたちの心配はもちろんこの治療代もあるわけだ
って、結局はアタシが出すのだけど(苦笑
でも、ほら、飼い主はママさんたちだし
チェリーが死んでしまってから
ママさんはあんをとてもかわいがって気にかけてる


こういうのって難しいねぇ。。。
アタシ的には検査が怖いってほうが大きいので
これまた強く出れないのだけど。。。



じゃぁ、あんがアタシの子だったら・・・
と、言われるとこれまた困るのだ
とりあえず、造影検査はするかもしれない
が・・・
できれば注射でと、
というか、とりあえずは注射のことを詳しく知りたいので・・・
なんとか方法が考えるか、もしくは他の獣医さんを探すか
しかし、こちら地方でレーザーができるのもここしかないのよね
そこ考えると選択の余地が非常に狭くなるのよね
とりあえずは、大病に薬の問い合わせをするとか・・・



と、いろいろ考えてはいるのだけど
何しろ、前進できないでいます。



とにかく、ヘルニアの子多い
もぅ、何匹も検査してレーザーしてる
相談を受けたこともある
でも、必ず最後に決めるのは飼い主
だけど、誰かに聞いてもらうことで決心できるってのもあるみたい
んで、我が家のこととなると
なぁんの役にも立たないアタシなのですよ。。。



あんは、すっかり復活してます。


今のところ痛がったりもしてないけど
普通の状態も少し注意してみておこうと思います。

















スポンサーサイト
  1. あん
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<染まった( ̄◇ ̄;) | top | あんの不思議>>


comment

タルトが注射して治った、エなんちゃら~ル(あえてごまかしてみた^^;)のことですかしら~ん?
としたら、タルトはラッキーだったってことかな。
今は、ダメっていうのに椅子に飛び上がることもできるようになってます。

はっきりわからないうえに、外野(いや内野か?)あれこれで、大変だよね。
とにかくアンちゃんが良くなってもらいたいです。
  1. 2012/08/18(Sat) 23:49:03 |
  2. URL |
  3. noe #-
  4. [ 編集 ]

noeさん

そうで~す
エなんちゃら~ルのことでございますぅ^^;

タルトくん、ほんとにラッキーだったですね!
実はね~あんのヘルニア疑惑はずっと気になってたのでたまに検索してたんですよ。
それなのに・・・こうなるか?って感じ。。。
タルトくん椅子に飛び上がっちゃダメですって(汗
でも、それだけ元気になってるならうれしいな~♪

> はっきりわからないうえに、外野(いや内野か?)あれこれで、大変だよね。

そ~なんです!
そぉ!内野です。。。
いやぁ・・・頑固な世代なもんで大変っす(笑

一番いいのは、あんが痛みを訴えずにいてくれることなのだけど
どうなることやら・・・今日は元気でっす♪
ありがと~(^_^)/

  1. 2012/08/19(Sun) 22:31:55 |
  2. URL |
  3. kaco #-
  4. [ 編集 ]

こんばんはー。
毎日あち”ぃーね。。
ベランダパトロールが恐ろしいよ。。

以前、診てもらってた先生、神経病学会の現会長さんだけどさ、
痛みが出たら、即ステロイドって言われたよ。
ヘルニアじゃないかもしれないけど、ヘルニアの疑いあれば、
すぐに炎症を止めなきゃダメなんだって説明されたような。。。
その場でガツンとステロイド注射されました。
今はそんな簡単にレーザーで治しちゃうの?
いちど、レーザーで治せないのか?訊いたら、
ステロイドが効かなくて再発を繰り返す子が適応になる。って言われたんだけどね。。
でもさ、脅かすようで申し訳ないけど、知り合いの子の話、
はじめての痛み&麻痺で検査(MRI&CT)したら、石灰化してた子もいるんだよね。
そうなるとレーザーは無理だもんねぇぇ。。
年老いた子は、これが怖いよね。

あんちゃん、大事に至らないといいけどね。。
っていうか、フクもヘルニア(腰)にいくつかあるって言われたよ。
時々痛んでいるのかもしれないけど、年相応のもんだから心配しなくていいって言われたけどね。
年老いた子の検査&治療は、、悩むよねぇぇ。。

  1. 2012/08/21(Tue) 18:41:29 |
  2. URL |
  3. kyo-co #hAx6ZPS2
  4. [ 編集 ]

kyo-coさん

ほんと、あち~ねぇorz
んでも、多分そちら地方のほうが暑いとおもう^^;
うちはさ、こっちでも涼しいところになるのさ♪
でも、日差しはきついからベランダは大変なことに・・・(>_<)

そうだった!
フクちゃんもヘルニアあったね(汗
そぅそぅ!絶対ステロイドだったよね!
てか、ステロイドしかないというか。。。
んでも、今は・・・進化してるのだよ^^;
その辺のことはもろもろメールにするね(汗汗

ちなみに、あんも痛み止めの注射を言われたけど今回はパスしました。
だって、その時はすでに痛み引いてたから。。。
それに、痛みどめってステロイドだよねぇ!
いきなり歩けなくなるのは急がなきゃいけない状態みたいだけど
てかさ、アタシが突っ込んだからヘルニア疑惑なわけなのよ。。。
なんていうか、ママさんたちに任せてたら疑惑も何も出ずに・・・
と、ゆーことなのだ(苦笑
やだねぇ・・・事を大きくしたいわけじゃないんだけど
アタシが首突っ込むと事が大きくなるのだよ(泣
いいんだか?悪いんだか。。。

ありがとね~♪

  1. 2012/08/21(Tue) 23:10:13 |
  2. URL |
  3. kaco #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://caniche5.blog33.fc2.com/tb.php/235-977b4b45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。