With the dog




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
6年ぶりの発作 :: 2014/01/20(Mon)

脊髄空洞症の初めての症状(発作)がでたのがちょうど6年前の1月20日

そして、ぴったし6年後・・・
あの時の悲鳴が・・・



数日前からなんとなく動きがあやしかった


テーブルの左手に居たとぅお
眠たいんだろうけど、なかなか伏せる体制になれない
やっと半分くらいまでってなところで固まってる


この場所は追いかけっこしてるさいつなの通り道
危ないからそっと抱っこして、私の右側へ移動させた



そのまま立ち尽くしてる
座りたそう・・・
お尻に手を添えて座らせてやろうと思った
のが、失敗だった


固まってる身体に、軽く手を添えてお尻を下げようとおさえた途端に
ギャンギャンギャンと叫びながら前に突進
とっさに、危ないと、こけないように周りを手でカバーしながら
でも、触れない、今触ったらダメだ
小走りというか、すごい小股で4~5歩行ったところで止まった


その瞬間にとっさにまわりにあるクッションなどで角をカバーし、
どこにこけてもいいようにと構える



そのままユラユラと固まったままジワ~~ッと崩れていき、
倒れこむようにいったん横になった


その姿をそばでジッと見てた
目はどこをみてる?
肢の角度は?
頸は?


すると、そのまま前足だけ立ってお座りになり、ジワ~~ッとまた斜めって行った
まだ、触れない。。。


だんだんとショボショボしてた目が開いてきた


とりあえず、動画を撮ることにしてひたすら様子をみてた


そして、また右足が滑りこけそうになったりを何度か繰り返し
その後なんとか立ち上がった


長いことそのまま前後にユラユラしてた



その後、少し落ち着いたらしく、伏せて寝た



6年もたってたけど、あの瞬間のことは昨日のように覚えてて
この状態を支えようと手を出して吹っ飛んだことが感触として残ってる
支えることも触ることもできないってのがきつい


とりあえず、こんなことがありました・・・と、アップします。
のちに・・・気が向いたら動画をアップするかも。。。です。
スポンサーサイト
  1. とぅお
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<注射の毎日・・・と、色々。。。 | top | 心拍数と体温と・・・>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://caniche5.blog33.fc2.com/tb.php/332-0de3e13b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。