With the dog




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
チアノーゼと蘇生 :: 2014/06/28(Sat)

日付も変わろうとしてること事件が起きた

水を飲んでたとぅお

いきなり飲むのをやめ、後ろにのけぞり、白目をむいた







長くなると思うので、興味のある方だけどうぞ続きを・・
6月29日(土)、そのことが起きた日付でアップしてますが
後日7月1日に記載したものです。
先に、現在はご機嫌よろしく元気にしてますがらご安心を。。。








見る見るうちに舌の色が変わっていく
紫・・・青紫・・・どす黒い紫・・・ほぼ黒のような色。。。
舌の色だけでなく、唇の色、粘膜、すべての部分から血の気が引いて行く


ヤバイ!
とっさに大声でとぅお!と呼びながら抱き上げたけど、その体はグラグラのダラダラで
何処にも力が入ってなく、心音、脈ともに感じ取れる気がしない


我ながら恐ろしいほど冷静だった・・・(のちに冷静でなかったとおもうのだけど)
とっさに抱き上げた瞬間に失禁


マジでヤバイ
とりあえずは、右を下にして寝かせ身体をさする
右を下にしたのは心臓は左側にあるから


そして、マズルをあげ、身体のライン、背中から一直線になるくらいに伸ばし
口の中に手を突っ込んで舌をひっばりだし・・・
心臓マッサージをしながら名前を呼び続けた


頭の中なのか、心の中なのかでもう一人の私が言ってた
もぅ、いいじゃん?
もぅ、いいんじゃない?


その言葉が口から出てきて、とぅお、もぅいいよね、しんどいよね?
と、いいながらも、心マしてる手が勝手に動いてる


ハッと我に返り、もぅやめようと思った


手を止めてずっと見てたとぅおの顔を改めてジッと見つめると
あれ?かすかに息をしだしてる
舌の色が徐々にだけど回復してピンク色になろうとしてる



その瞬間、また思った
また呼び戻してしまった?
辛い思いをまださせるのか?



でも、かすかながらも息を吹き返そうとしてるのを放置することもできず、
さらに舌を引っ張り、頸の角度を調整し、全身をさすりながら様子をみていた


目がうっすらと色を取り戻していく
それとともに、意識が回復してくるのがわかる


とぅお!と、呼ぶと、目が動いた。


生き返った・・・
生き返らせてしまった。。。



うれしいよりも、変な罪悪感が・・・


この間、涙の一つも出ず、ただ色々なことを思いながら、淡々とことをこなしていた
そして、自分でも自分の冷静さに驚いていたのだけど
戻ってきたときに思ったのは、冷静でなかったんだ、アタシは!って気持ち
本当に冷静だったら蘇生処置をしたのだろうか?
死なせてやるべきだったのではないだろうか?と。。。



だけど、窒息死なんていう恐ろしく苦しいだろう死に方はさせたくないし、
その姿を放置することもきっと出来ないだろう、誰でもそうだろう
と、考える自分と
また同じ苦しみが来るかもしれないのなら、この1回だけで楽にしてやったほうがよかったのではないか?
考えても何も答えはでないのだけど・・・




そして、土曜日だし、夜中だし、この後何かあっても動物病院に走ることもできない


そんなことを考えながら・・・ゲッ!と、気が付いた
この子、普通に横になってる、普通の犬のように、のびのびと横になってる
両前肢、両後肢、身体を右下にして横たわってる


とぅおの場合、これはあり得ない体制
右肩を脱臼してるので、可動域が狭くなってて外には広がっても内側には入れないはず


だけど、寝かせる時、変な音もしなかったし、硬い感じもなかった
けど、意識がしっかりしてきたら痛い?痛いよね?


あまり動かしたくなかったけど、勇気を振り絞り、そっと体制を変えることに
変な形・・・
通常まずできないであろう犬の足の形をアタシの手で作っていく
両前肢を広げて、いつもの体制へ
そのころになると、とぅおはなんとなくこっちをみたりができるようになってた
時々変な声をあげながら・・・




それから2時間ほど様子を診ながら友人とトークを交わしてた
このことが起きる前にトークのやり取りしてて・・・いきなり既読無視となってたアタシ


事情を話し、友人も心配してくれて夜中も付き合ってくれてたけど、
彼女にトークを送ることでヘンに実感がわいてきて、どうしようとおもうようになった



思うようになったのだが・・・
その後、最後にトークを送った内容が、、、
アタシ、寝る!
起きてついてたらまた助けるかもしれないし
寝てても気が付いて助けちゃうかもしれないけど、
ただただ見てても何もできないし、とりあえず寝る!


何を考えてるんだか?アタシは^^;


で、結局、とぅおをベットの横に連れてきて
クーハンの片側を開けて心臓に手を当てながら寝ることにした


のだが・・・とぅお、やはりまだ苦しいのかなかなか寝れないようで
アタシも寝てるんだけど寝てないような状態で
でも、無事に日曜日の朝が来たのでした。






6月30日(月)に続く・・・



スポンサーサイト
  1. とぅお
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<多分、小脳の問題 | top | 肉芽?腫瘍?>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://caniche5.blog33.fc2.com/tb.php/341-8c300213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。