With the dog




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
唾液にガーゼ :: 2014/07/21(Mon)

フニャフニャいいだしたのでお付き合いしてたら日が変わってしまった~
ので、投稿時間いじってます^m^
んなわけで、21日アップってことで~^^;


この写真のとぅお、ガーゼのお布団かぶってます



周囲がきちゃないのは見なかったことにしてください^^;
お薬やらフード食べるとすぐにこうなっちゃうのですの~
ちなみに、緑のタオルの中身はアイスノン♪
頭の後ろ側にシーツでくるんでるのは、赤ちゃんの寝返り防止のクッション
これがないと、どうかした瞬間に首が反り返ってしまうのです
それを防止するために、こーゆのを支えに使ったりして隙間を埋めてます




舐めてりゃ治る!って言葉がある
イヌの場合、痛みや、痺れ(これって普通のイヌにはないとおもうけど)、あとは普通に小さな怪我とか
舐めて治そうとしてるのだと思う


だけど、イヌの唾液ってのは結構強烈で・・・
舐め続けるとその部位は溶けて行く


とぅおの四肢の毛がないのは、空洞症の状態が悪くなってくるとどうやら痺れなどがでてくるらしく
執拗に舐めまくる・・・結果、毛がなくなった。。。
これはどうやっても止められなくて、毛がなくなった今も、時々必死で舐めまくる
が、最近は長時間舐めることがしんどいらしく、そこまで執拗に舐め続けなくはなった


けど、寝てるときによだれや鼻水が出る
一度寝入ってしまうと微動だにしない
そうなると・・・そのとき、口元が肢にあたってたりすると、
その部分が真っ赤になり、トロンとした状態になる
まさに、溶けてきた~って感じ


それを防ぐためにガーゼのお布団です!


少し前までは、とぅおの大好きなおもちゃはタオルを縛ったやつでそれをほどくのが好きだった
大病に行く時も必ず持っていき、うれしそうにくわえて見せびらかして自慢してるみたいだった
だけど、前肢が言うこと効かなくなり、それができなくなり・・・
結果的に、ガーゼをかぶせて四肢の保護ができるようになった。。。
いいんだか?悪いんだか。。。


鼻水も時々膿のような塊で赤っぽかったり、茶褐色だったり、
鼻の腫瘍のせいだと思うのだけど
なんというか・・・かなりあくが強いというか。。。
皮膚の弱い人なら、ちょっとついただけでかゆくなるだろうなって感じ


ガーゼで保護することが可能になったので、最近では赤く腫れることがなくなった
そんなわけで、ガーゼってなかなか使えます♪



と、残念なことが・・・またさらに増えた
前肢のスタンスの広さというか、この異常な広がりは脱臼もあるから仕方ないとしても
今度は同じ体制で寝続けることにより、後肢のスタンスがどんどん狭まり・・・
最近では立たせると(うんちするとき立つといってきかないのです!)
後肢がクロスするほどになってきた


その時だけでもと、広げるのだけど・・・その程度じゃ無理だよね。。。
とぅおの場合、本犬のご機嫌に合わせて動かさないと発作のような叫び声をあげる
んで、身体が硬直したようなくらいに・・・力が入りすぎてしんどいのだ
(このことはまた今度・・・)


なので、数時間おきに体制を変えるってことがとても難しく・・・
ようするに厳しいのだ!



で、この後肢・・・
明日は診察日なのだけど、もしかしたら、またCT撮りましょう!って言われるのでは?
と、ドキドキしている。。。


CTは無麻酔でできるからいいと言えばイイのだけど。。。
この状態になって、なぜにまだCTまで撮るの?と思われる方もいらっしゃるかも?
なので、なぜCTなのかを。。。


通常はレントゲンを撮る、となると思う
だけど、レントゲンってのは、撮るために体制を整えなければならない
例えば、肩を撮るなら肩をしっかりとその方向へ向けるための体制を取らせる
それは、頸でも、腰でも一緒で、その体制は健康な子なら何ともないかもしれないが
とぅおの場合、その体制をとることが厳しいのだ


その点CTなら、そのままの姿勢で撮れる
前回CTを撮った時も、このクーハンに寝たままで、周りにタオルで体をカバーして、
そう、そのままの体制で撮って・・・
撮れさえすれば後はなんとでもなるってのがCTのいいところだそうだ
何とでもなるってのは、見たい場所へ画像を動かせる?みたいな感じ?
すいません。。。うまく説明できませんが。。。



そんなわけで、CTのほうが身体への負担は少ないってわけ!
そのかわり、お財布への負担はビックリ!ってわけ^^;


前回はその辺がよくわからず・・・・てか、いくらするのかもわからず。。。
先生が、CT撮りましょう!、うん、撮りましょう! 撮りますね!
と、有無を言わせず連れ去られた感じだった
ただ、CTのほうがラクだってのはなんとなくわかってたので・・・
はい!と言ったものの、待ってる間に、で、おいくらよ?って頭の中で計算機がカチャカチャ
つーか、先生のあまりの勢いにビビったっす^^;


で、そのCTのおかげで偶然に発見されたのが右鼻の腫瘍らしきもの
棚から牡丹餅ならいいけれど・・・
鼻から腫瘍ってどうなのよ(>_<)


なんか話しずれてきたけど、
そんなわけで、CTはなかなか良いものだ!ってことです。
しかし、頭のCTは無麻酔で撮るのは難しいそうです。
呼吸の仕方だけでも頭は動くからね~て。。。
なので、頭の正確なCTが必要な場合は、やっぱり麻酔が必要となるようです。









スポンサーサイト
  1. とぅお
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<呼吸困難2回目+通院日 | top | とぅお13歳!>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://caniche5.blog33.fc2.com/tb.php/354-10c60695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。