With the dog




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
あん、発作・・・ :: 2014/09/24(Wed)

とぅおのことばかり書いてきたけど
あんもあまり調子が良くなくて・・・


だんだんとチェリー化してる感じで
ロボットのような頸の動き
フラフラヨロヨロなどなど
前回書いたような感じが続いていた


数日前、ぴょこんとプールの淵を飛び越えた(飛んでないけど)
その時に、一瞬、ギャンっと泣いて頸があっち向いてホイしてた
一瞬だけど、目が飛び出てきたか?ってなくらいの表情
この瞬間はアタシしか見てない



その頃からなんだかおかしいな動きが目立つようになった
前庭疾患のようにクルクル回るわけではないのだけど、
急にカクンと崩れ落ちたり
どこかを見たまま立ちすくみ、フラッとなったり。。。
脳だろうな・・・と思いながらも。。。
なんせ16歳、検査への負担を考えて何か起きたら対処するということで話は決まってた




11時ごろ、親父さんが飛び込んできた
だいたい、オオゴトなのかどうかは、話しを聞くよりも、表情でわかる
オオゴトだ・・・



行ってみると泡、ヨダレまみれで横たわってた
ママさんの話によると、透明の何かを吐いて
その後倒れて、四肢の突っ張りがあったそうだ


ママさんは一度だけ、とぅおが呼吸困難を起こしたときにアタシが何をしたかを見ていた
とっさに、同じように、あんの舌を引っ張り出し、たぶんこの辺って心臓を押してたらしい
で、あんなに舌を引っ張り出すのが大変だとはと・・・
ヨダレでぐちゃぐちゃだからなおさらだ


心音、脈など様子をみて、抱いてみた
横になった体制のまま抱かれてる・・・これ、普段だと絶対させない!
しばらくすると動きだし、暴れだした
降ろすと一旦は立ち上がったが斜めに倒れてくる


また抱いて、倒れた角度をプールのヘリに沿うようにプールの中へ下す
立ち上がった瞬間にそのままプールのヘリにそって走りだし、またこける


前庭疾患、入ってる・・・
脳系っぽい

水頭症の発作?
てんかん系ともなんか違うが脳系の発作はいろいろあるから。。。
だけど、肥大型心筋症からの血栓も考えられる
痛み・・・は、なさそう
心臓発作?なんかしっくりこない


とりあえずは獣医さんへ走る
行く道中大暴れ
必死で抑えて(てかなんでこんな時に孫のもり。。。ひとりで頑張るあたし、、、)
獣医さんへ着くと大暴れは治まる


とりあえず、状態を説明
獣医さんは一旦あずかります、夕方までこちらで様子を見ます
何かあれば即電話します。。。


と、預けて帰宅・・・で、仕事再開(汗











自宅に帰ると、ママさんが最初に書いたことを話した
突っ張りのことは、この時知ったので、獣医さんへ電話して追加で症状を説明
その時、電話の向こうでギャンギャン吠えまくる犬の声が聞こえる
これ、あんの声っぽいけど・・・ここまでへんな吠え方は聞いたことがない



1時間ほどで獣医さんから電話あり
今度は吠えてる犬の声がしない


血検からは発作を起こすような数値はなく、正常値
(アンモニアやカルシウムなど)
心臓も発作を起こすほど悪化してない
たぶん脳炎だろう
とりあえずステロイドを大量に入れる
脳圧を下げる薬はあんには使えない
心臓、腎臓ともに悪いので、危険らしい
てか、ここの獣医さん、薬名で言わないからなんかイライラするんだけど。。。
脳圧下げるのって、何?マンニトールとか?と、まぁいいや・・・と。。
薬名言うと、すぐあたしが調べるから・・・だから言わないんだろうなと。。。
そして、発作がまた起きたので一旦眠らせてるとのこと
軽い麻酔で、(弱いってこと?)とりあえずは脳の神経を落ち着かせないとってこと
前庭疾患も出ちゃってるから危ないのでって・・・
とにかく興奮状態をおさめないとってこと


どうやら・・・
一時的なものだろうから、預かって様子をみておこう~
血液検査はしとこうかな?って感じくらいだったようだ
それが、ほぼ毎日のように補液でみてるあんと
今のあんの豹変ぶりに・・・
そして、まさかの発作、クルクル回るのと、倒れるのと、軽いけいれんを起こしそうな状態
で、あのギャンギャンはやっぱりあんだったらしく、獣医さんで吠えたりなんかしたことないあん
顔つきからも、これも脳の発作ということで、一旦眠らせたらしい

何かあればすぐ電話をしますといわれる


チェリーの時のことが頭をよぎる
あそこまでひどくはなかったけど、状態としては似てる



夕方に様子を見に行った
なんと、ちょこんとお座りしてるあん・・・
どうやら発作は治まったらしい


ほぼ電話と同じ説明をされる
そして、今夜は獣医さんが病院に泊まって様子を見る
もしも発作を起こしたら即薬をいれないといけないからと


ちょこんとおすわりしてるあん・・・
でも、なんかへん、ボ~ッとしてる


先生曰く、薬の影響だと・・・
ただ、この「寝ない」という状態も良くないらしい
いつも寝てばかりのあん
というか、この年齢だし、ほぼ1日寝てるくらいで正常なのだ
ここ2~3日、身体を持て余してる感というか、落ち着きがなく
あっちでゴロゴロ、こっちでゴロゴロと落ち着きがなかった
冷たい場所を求めてて、昨夜はエアコンをつけたりした
何かしらの前兆だったようだ


あまりにも寝ないようなら、また薬で寝かせると言っていた


そして、今朝の皮下補液の時、
いつもはうんともスンとも言わず、なんと、誰も持ってなくても
針を刺されたままシレ~っとお座りしている優等生のあん
それが、ギャンっと鳴いたそうだ
それもあれ?って程度で看護師さんもあまり気にしなかった様子
それも、前兆だったのだろうとのこと
とにかく、神経過敏になっていたとのこと


この状態はMRIを撮っても、ほぼ映らないであろうとのこと
(ほんとに?でも、撮れないけど、でも、麻酔して寝かせてるわけだから撮ろうと思えば撮れるのか?)

質問1
脳炎は、何かしらの菌でなるんですか?


最近、ほかの獣医さんから聞いたらしいが・・・
ほとんどが免疫疾患だそうだ
あんの場合、加齢による免疫系の疾患、自己免疫の弱りみたいな・・・
菌ではないだろうとのこと
でも、CRPは少し上昇してたが・・・それは脳炎だからであって、菌からの脳炎ではないだろうと。。。
でもって、いわゆるパグ脳炎などとは別物
前庭疾患もシニア犬には多く、それだろうとのこと


質問2
水頭症からの発作ではないんですか?


回答が・・・微妙であった。。。
MRIを撮ってないから水頭症だとはわからないからだろうけど、
エコーででも多少は確認できる?よね?
水頭症に関してはどちらとも返事をされなかった
が、あたし的にはあるんじゃないかな?って思ってるんだけど。。。



ただ、脳炎だろう・・・とのことだけど、脳炎だ!との証拠はないとのこと
アメリカなどでは、脳を採取して(生きたまま)、原因追究、検査ができるらしい
日本ではまだそのやり方は聞いたことがないとのこと
もしできたとしても、残念ながらここらあたりでは無理だろう。。。
アメリカってすごいな。。。




一応、明日の夕方には退院の予定
その後、昼間は点滴に通うという予定
このままおさまれば・・・の話し。


夜中に何かあれば携帯に連絡をもらうことになっている


後数日で17歳のあん
僧帽弁閉鎖不全
肥大型心筋症
腎のう胞

僧帽弁閉鎖不全に関しては進行が止まってる様子
肥大型心筋症もそこまで悪化してない
腎のう胞は徐々に悪くなってる


色々抱えてるけど、頑張ってます。










スポンサーサイト
  1. あん
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<退院~通院へ | top | 洗濯機が!>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://caniche5.blog33.fc2.com/tb.php/398-3641cfe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。